APACSラケット売上仕入規約

売上仕入(消化仕入)とは、売上が発生した商品分だけを仕入れたことにして処理し、その分についてだけ支払いをする販売方法です。
ショップ側にはラケットの在庫リスクがないため、まとまった仕入金の必要がなく、資金繰りの改善に繋がります。

以下、売上仕入規約となります。

⑴ 初回提供するラケット本数は最大10本とし、本数や組み合わせはショップ側が自由に決められるものとし、発送料は当社が負担する。また、在庫のない物に関しては提供不可とする。

⑵ ショップ側は保証金として金3万円を先に支払い、ラケットの販売を終了する際に保証金は速やかに返金される。

⑶ ショップ側の売上は月末締めとし、翌月10日までに売れた分の仕入価格+消費税を当社まで支払い、販売金額と販売商品を報告するものとする。

⑷ 何らかの事情により売上仕入を終了する場合、ラケットの返送料は元払いとする。

⑸ ショップ側の要因によりラケットが破損した場合、仕入価格+消費税を当社に支払うものとする。

⑹ ラケットの補充は3本〜とし、発送料は当社が負担する。

⑺ 販売後の破損に関しては、メーカー保証規定の対象とする。